【リリース】学校における生命(いのち)の安全教育

【学校における生命(いのち)の安全教育】

みのおママの学校は、箕面市教育委員会と連携し、箕面市内の全小学校14校に出向き、子どもたちに授業をさせていただくことになりました。

学校における生命(いのち)の安全教育とは、文部科学省が推進している「子供を性犯罪等の当事者にしないための安全教育推進事業」のこと。

子どもたちへ「生命(いのち)の安全教育」を行い、子どもが性暴力の加害者や被害者、傍観者のいずれにもならないための教育の充実をはかることなどを目的とした取り組みです。

また、外部講師として、医師、大学教授、警察官、ソーシャルワーカーなど様々な専門職が関わっており、このメンバーで構成される協議会で授業内容についても検討していきます。

PAGE TOP