メンバー

みのおママの学校 メンバー

谷口 陽子

みのママの学校 代表・助産師

助産師として22年、病院やクリニックに勤務していたが、退院後のママの大変さを知り、もっとママや赤ちゃんの近くでサポートがしたいという気持ちが抑えられなくなる。
そんな時に知人の紹介で新名と出会い、みのおママの学校を設立。
現在は「日本の子育て環境を世界トップ10に引き上げます!」をミッションに、助産師が中心となった民間主導のちょっとユニークな子育て支援事業を行なっている。

新名 智樹

みのおママの学校 共同経営者

小さなお店や個人の活動などをプロデュースしていた時代に、知人の紹介で、当時勤務助産師だった谷口と出会う。
もともと人の幸せに興味があったこともあり、ママや子どもたちの幸せを応援する活動の意義を強く感じ、「2年間給料ゼロ」「3年で上手くいかなければ撤退」を約束し、一緒にみのおママの学校を立ち上げることになる。
もともとブランディングが専門分野なため、現在はみのおママの学校の各ブランドをマネジメントしている。

溝上 まどか

助産師

小学6生年と4年生の2児の母。
第1子を妊娠し産院を退職。赤ちゃんとの毎日がとても楽しく、専業主婦として10年を過ごす。
たくさんのママ友から妊娠中や育児に関する不安や悩みの相談受ける中、地域でママに寄り添う助産師の必要性を強く実感。
そんな時、同じ思いで活動する代表谷口に出会い、みのおママの学校のメンバーに。
「ママのそばに寄り添い、ママの安らぎとなる存在でありたい!」と活動中。

下熊 梨都子

助産師

じょさんし大学の受講生としてみのおママの学校に出会う。その後、勤務助産師を続けながら、みのおママの学校の活動を幅広くサポートするようになり、2020年4月に正式にみのママにジョイン。
もともと子どもたちの明るい未来に貢献したいという想いが強く、ママをサポートするプロフェッショナルな人材を育成するマザーズハート大学をメンバーと一緒に立ち上げる。

福田 瞳

助産師

じょさんし大学の受講生としてみのおママの学校に出会う。卒業後、自分の本当の幸せに向き合うことを決め、大学院に進学する予定を変更し、東京から大阪に移住。
現在は、産婦人科クリニックに勤務しながら、みのおママの学校の活動をサポート。
もともと研究に興味があり、「大人になってからでもライフスタイルを変えられる」ということを実証するため、大学と協力し研究をスタート。

PAGE TOP